Wireless Devicesマルチホップ対応920MHz無線モジュール IM920s

マルチホップ対応920MHz無線モジュール IM920s

マルチホップ対応920MHz無線モジュール

伝搬特性に優れたサブギガ(Sub-GHz)帯、920MHzの無線通信で本格的なアドホック・マルチホップネットワークを構成できます。
しかも動的ルート選択機能や時刻同期機能による安定した通信が可能です。
モジュールのコントロールはIM920で実績があり、使いやすいシリアル通信&コマンド形式。大規模ネットワークが容易に実現できます。

point1最大5段のアドホック・マルチホップネットワークを構成
point21:1、ブロードキャスト、フルメッシュモード、ツリーモード、センドバックに対応
point3フルメッシュモードでは最大32ノード、ツリーモードではノード数無制限、センドバックでは通過した経路を記録し送信元へ返送
point4ACKとリトライによる送達確認と再送制御
point5IM920cとサイズ・コネクタでアッパーコンパチブル
PDFファイル IM920シリーズがすぐわかるPDF

主な仕様

マルチホップ対応920MHz無線モジュール(IM920s)
製品画像 IM920
サンプル価格
周波数 Sub-Giga、920MHz帯(922.4~927.8MHz、28ch)
送信出力 (20mW)/10mW/1mW/0.1mW(コマンドで設定)
空間データレート 100kbps
内蔵動作モード データモード
動作電圧 DC 1.8~3.6V(標準動作電圧3.3V)
消費電流 TBD
アンテナ λ/4 ワイヤーアンテナ(外部アンテナ、パターンアンテナ開発中)
サイズ 20×29.5×3mm(ワイヤーアンテナタイプ、コネクタおよびアンテナを除く)
動作温度範囲 -20~+70℃(結露なきこと)
通信距離 TBD
通信方式 単信
基本プロトコルスタック スカイリーネットワークス DECENTRA II
他社DECENTRA II製品とは通信できません
通信型式

・ユニキャスト(1:1通信)

・ブロードキャスト(ネットワーク全体にデータを送信)

・センドバック(データが通過すると経路を記録し、逆向きの経路で送り返す)
IM920 通信型式 センドバック

・ツリーモード(特定の1台を親機に指定、子機へはブロードキャスト、センドバック)
IM920 通信型式 ツリーモード

・フルメッシュモード(全てのデバイス対等。複数の迂回ルートを把握、デバイスのモビリティに対応)
IM920 通信型式 フルメッシュモード

インターフェイス 調歩同期式シリアルI/F(接点情報入力・出力はご相談ください)
適合コネクタ 日本圧着端子(JST)社 20Pxx-JMCSシリーズをご用意ください
(モジュール側には20R-JMCS-G-B-TFを搭載)
互換性 IM920cとサイズ、コネクタにアッパーコンパチブル
各コマンドの動作はIM920/IM920c類似です
IM920/IM920cとは通信できません
無線規格 ARIB STD-T108準拠、電波法認証取得
技術資料 作成中
アプリケーションノート PDFファイル パソコンによる設定・通信の概要
PDFファイル ペアリングの方法
PDFファイル IM920のAD入力モードで作る、ワイヤレス温度センサ
PDFファイル 見えない電波が見える、通信モニタ
テクニカルノート PDFファイル IM920 見通し通信実験レポート・その1
PDFファイル IM920 見通し通信実験レポート・その2 <偏波違いの影響、各種アンテナ比較、電波は曲がるか?>
PDFファイル 安定通信のために、RSSI値と入力電力
カタログ PDFファイル IM920sのご紹介

記載の商品は仕様その他を予告なく変更することがあります。


評価・実験用ボード

アプリケーションの開発や評価・実験に便利な各種ボードをご用意しています。


無線モジュール取扱店

無線モジュールについてのお問い合わせやカスタマイズのご相談は、「お問い合わせフォーム」よりお願いします。
ソリューションお問い合わせ窓口:お問い合わせフォーム